お知らせ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
最近はミニブログとしてツイッターに嵌っており、そちらの更新に力を入れております。
読者の皆様に少しでも役立つ情報をいち早く発信しておりますので、よろしかったらご覧になってみてください。

また、記事がまとまりました時は、こちらのデンタルブログも更新していきたいと思います。

今後とも、ツイッターやデンタルブログをコミュニケーションツールとして活用していただきながら、 ひらの歯科医院をかかりつけ医としてご愛顧いただけますよう、お願い申し上げます。

風船

IC59 and IC63, Gamma Cassiopeia region
Creative Commons License photo credit: write_adam

去年、ハヤブサという惑星探査機が宇宙を60億キロ旅をして小惑星「イトカワ」から地球へ帰ってきました。このプロジェクトは相模原にあるJAXAが本部となっており、現在もそこで探査機が持ち帰ったイトカワのサンプルを分析しているそうです。小惑星のサンプルを調べることで宇宙の謎を解明する助けになるかもしれません。地球上にも隕石による宇宙からのサンプルはたくさんありますが、大気圏を通過してくる際の熱によって隕石成分が変性しているために正確なデータが得られず、やはり宇宙に漂っている小惑星などから直接サンプルを採取する必要があるわけですね。

宇宙の謎・・
我々はあまり実感することなく日常を送っていますが、人間はこの「謎の空間」の中に存在するたった一つの星にしがみついて生きていて、例えるならば、謎の大きな風船の中に漂っているチリの上で生活しているバクテリアと同じ状態ともいえるでしょう。では、実際に宇宙空間自体が風船であったならば、その大きさはどのくらいなのでしょうか。
続きを読む

咬み合わせによる虫歯?

Q.や、がきついような場合、そこがになりやすくなったりするもでしょうか?

咬み合わせによる虫歯?
Creative Commons License photo credit: ponafotkas

A.仰るように、歯牙に過剰な応力が持続的にかかるとに微小崩壊がおこり、菌の進入が起こりやすくなります。
かみ合わせの調整についてですが、歯牙歯根の状態を加味した按排が必要となります。これはクラウン装着時に行なう咬合調整のみで完了する場合もありますが、多くの場合装着数日後に再び行なう微調整により本来の咬合接触を取り戻します。
また、や病的歯牙などは咬合を意図的に若干低く設定する場合もございます
続きを読む

全身疾患への懸念について

口腔疾患のが引き起こすについてお知らせします。
は名称どおりの組織のみに滞在し続けるだけでなく、血流に乗って全身をめぐります。もちろん血液ポンプの役割をしている心臓を通りますが、菌が心臓の内膜へ付着し心臓の機能をしだいに蝕んでしまうことがあります。
続きを読む

虫歯治療中の違和感について

歯科用薬剤
Q.初めまして。
現在治療中なのですが気になることがあるので教えていただけますと助かります。
右上奥の虫歯を治療中です。までを起こしているということで現在、薬を入れふたをしている状態です。
先週末に歯医者に行き、その治療を行い昨日再度受診したところ、炎症が治まっていないとのコトで再度薬をいれてふたをされています。
昨日の夜は、若干したのた感じがしたのですが、麻酔せいかな?などと思い気にかけていませんでした。しかし、今になってもまだ舌のしびれた感じが残っており、違和感を感じます。 続きを読む