舌小体の手術はどのように

Q.質問なのですが、以前韓国(?)あたりで舌小体を切ると発音が良くなると聞いた事があるのですが、実際どのような手術をするのでしょうか? また本当に良くなるのですか?よろしくお願いします。

A. 舌小体が舌の先端付近まで付着している場合は、舌の動きが妨げられる為に正しい発音がしにくくなります。通常は先天的にみられるものですので、幼少時から発音に問題を抱えていることが多いですが、社会生活に影響をおよぼすほどの発声障害は少ないようです。解決方法はいたって単純(小体を少々切除するのみ)なのですが、発音に違和感をお持ちの方ご自身でもその原因が舌小体にあるということに気が付きにくい為、成人期以降においても対処方法がわからず日常を過ごされる方も多いと思われます。
実際の手術内容についてですが、局所麻酔後に舌側と舌下側の舌小体起始部を器具でつまみ、その中間の襞部分を切除いたします。そして両起始部をそれぞれ縫合し終了いたします。手術時間は30分程度です。翌日術部の消毒のためご来院いただき、抜糸は一週間後に行います。
ご検討ください。

Q.早々のご回答ありがとうございます。麻酔が痛そうですが、簡単そうなので検討します。

nike air max schwarz nike air max schwarz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です