噛み合わせが原因で虫歯になりますか

Q.や、がきついような場合、そこがになりやすくなったりするもでしょうか?

また、今通院しているところでは、最初に衛生士の方がインレーやクラウンの調整を赤い紙を使いします。最終的にドクターが、赤い紙も使わず鏡でのみ確認し接着してます。やはり衛生士とドクターでは微調整の部分では違うと思い不安です。また、高さがあり当たるのは良くないけど、低い分には何の問題もないと言われるのですが、そうなのでしょうか?

A. 仰るように、歯牙に過剰な応力が持続的にかかるとエナメル質に微小崩壊がおこり、菌の進入が起こりやすくなります。
かみ合わせの調整についてですが、歯牙歯根の状態を加味した按排が必要となります。これはクラウン装着時に行なう咬合調整のみで完了する場合もありますが、多くの場合装着数日後に再び行なう微調整により本来の咬合接触を取り
戻します。また、インプラントや病的歯牙などは咬合を意図的に若干低く設定する場合もございます。

Q.ご返答ありがとうございます。

きちんとしたかみ合わせを担当医に処方していただけなかった為か、治療した歯の斜め上の歯が一部かける結果となってしまいました。
少しですので、見た目もあまり分からないので、そのままにしておこうか、そこからまた虫歯になりやすくなってしまうのか迷っています。根元まではいっていないのでが、縦に筋も入っているようなので受診するか、検討中です。
筋はあまり深くないようなのですが、その場合また削ったりする治療が必要になるのでしょうか?
なんでもなかった歯なので非常にショックが大きく歯科医院選びの難しさを感じています。

A. 装着した歯が原因となっているかどうかは精査してみませんと分かりかねますが、食いしばりや歯軋りも相乗影響している恐れがございます。この場合、適正なかみ合わせに調整後食いしばり防止スプリントが必要と思います。歯の亀裂線は口腔内をよく見ますと他の歯にもみられることが多いのですが、痛みや凍み症状がないのであれば通常は積極的治療を行ないません。しかし将来的に亀裂部分が歯牙破折の原因になることがありますので、咬合やスプリントの定期的な点検が必要となります。

Q.さっそくのご返答ありがとうございます。

まずは適正なかみ合わせが重要なのですね。
無意識のうちに食いしばりがあるのかもしれません。 cgdamenoutlet cgdamenoutlet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です