歯医者さんコラム 一個のリンゴ

An apple a day keeps the doctor away.
」これは、1日1個のリンゴは医者を遠ざける、という欧州の昔からのことわざです。いわれの通り、低カロリー、コレステロールの低下が期待でき、ガン、心臓病、などの予防ができるそうです。

一個のリンゴ

まず、リンゴには多くのビタミンCが含まれています。ビタミンC不足により、打ち身による内出血や歯茎からの出血が起きやすくなるので沢山とりたいですね。また、酸化防止効果があるフラボノイドが豊富に含まれており、冠状動脈性心臓病と心血管疾患の両方を予防することができるそうです。そして、およそ70~100キロカロリー、身の回りのお菓子と比べても低カロリーで、直腸ガンや乳ガン、前立腺ガンなど、複数のガンを予防できるとのことです。リンゴに含まれているフェノール類は、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させることができるらしいです。
そして歯に関する事柄としては、口中の最大80%の雑菌を殺すことができ、それにより虫歯を防ぐことができるとのことです。はたまた、アルツハイマー病やパーキンソン病といった病気に対しても一定の予防効果があるようです。もう一つ、ノッティンガム大学の研究によると、一週間あたりに5個以上のリンゴを食べる人は、ぜん息などに悩まされている割合が低かったそうです。

以上のように美味しく病気予防ができる果物ですので毎日一個りんごを食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

photo by: chelle_1278

コメントをどうぞ

投稿画像
エルトゥールル号 歯並びの治療について 不信感が募っています 骨粗しょう症 ひらの歯科医院 一個のリンゴ
キーワード検索
頑張って更新します!Follow HiranoDental on Twitter My Yahoo!に追加
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ 人気ブログランキングへ