妊婦さんの歯科知識歯医者さんコラム 妊娠安定期の歯科検診、歯科治療のすすめ

健康な赤ちゃんは健康な母体から生まれます。
健やかなの発育を促していくには、日常における食事のバランスに注意しなければなりません。中はおのずと食べる回数が増えますので、通常よりもきっちり歯磨きをしていく必要があります。

また、母体の体質も様々変化しますが、例えば唾液の性質は酸性に傾いてしまいます ((つわりの影響もあります))ので、歯垢が残っているとが発生しやすくなります。
そのほか、奥歯を磨こうとすると吐き気がしてしまい、きちんと隅々まで歯を磨くことが困難になるなど、中はのみならずをも引き起こしやすくなります。

以上のことからも、は必ずしもカルシウムを胎児に取られていくから引き起こされるということではないということがお分かりになると思います。
そして、出産を終えてお母さんになってからはご自身の生活サイクルが激変し、大変忙しくなります。是非妊娠4~7ヶ月の安定期に歯科検診又は治療をおすすめいたします

歯科治療については母体の肉体的、精神的な負担があまりかからない範囲で行います。
「できることならば痛み止めや抗生物質などを飲みたくない」・・・これはの方ならばどなたでも思うことです。処方内容を熟慮することにより、基本的には安定期での薬剤服用が胎児へ影響をおよぼすことは少ないのですが、皆無というわけでもありません。
このことにより、重症な歯など治療期間中に薬剤を服用する必要が懸念されるような場合には妊娠中に歯の痛みが生じないような処置にとどめ、やはり出産後に治療を再開していく必要があります。

ご自分のお時間、スケジュールに自由がきく期間に歯科へ受診されておくことをお薦めいたします。

コメントをどうぞ

投稿画像
二人三脚よ永遠に 野菜中心の生活 Hydrocodone インプラントの品質… 歯並びの治療について Enielle the Eskimo
キーワード検索
頑張って更新します!Follow HiranoDental on Twitter My Yahoo!に追加
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ 人気ブログランキングへ