ずっと仮歯のままなのですが

Q.今日は、はじめまして。
私は、昨年夏迄、某歯科医院で治療をしておりました。
はもちろん、を4本抜き、歯茎の手術(歯茎をめくり骨を削る)をしました。
丁度その時期に雑誌で、や歯科金属により体の不調を起こす事があると言う記事を読みました。私も前歯4本は義歯で繋がっているため、空気が通らず息苦しい感じがしていました。
おまけに持ちです。皮膚科で調べた所ステンレス以外の殆どの金属に反応が出ました。手に水泡が出たりと疑わしい症状等があり同医院にて、いくつかの銀歯とアレルギーとの因果関係を調べてもらうため前歯4本セラミックを含め、すべての治療済みの銀歯をに変えました。仮歯にして1年半が経過し体調はこれと言って変化はない様に思えます。
仮歯ももうもたなくなってきて、そろそろきちんとした歯を・・と思った矢先に引越しをしてしまいました。
そこの歯科医院とはとても相性が良く義歯のかぶせ方や形などとても気に入っておりました。出来れば通いたいのですが通えません。今はただ、仮歯が長持ちすることを祈りながら
ビクビク気を使い食事をしています。どうするべきなのでしょうか??

A.口腔内の金属を全て除去してあるにもかかわらずアレルギー症状が緩和されない場合、原因が他にあるのかもしれません。日常生活のなかでの金属と接触する場面を調べてみると、思いのほか多様な金属に触れていることが多く、アクセサリー類や食器、ドアノブや水道蛇口、眼鏡フレーム、腕時計、バッグや財布の金具電車やバス乗車中どこに掴まるのか・・・
数え上げたらきりがありませんが、今一度それらについて注意深く観察する必要があると思います。
したがって、原因の特定ができるまで仮歯を修理調整し使用していただくかアレルギー症状を監視しながら金属以外の材料にて最終的な修復物を製作し治療を先に進めていくか、のどちらかになると思います。ご検討ください。 nike air max günstig nike air max günstig

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です