Oral cavity lesionと診断されたのですが。。

Q.はじめてご相談させていただきます。
今日病院で組織検査の結果を聞かされと告げられました.組織検査結果のコピーをもらったのですが内容は以下のようなものです。

臨床診断 Oral cavity lesion
病理学的診断 oral cavity mucosa:acathosis with
parakeratosis:no dysplasia
{see description]
標本は肥厚の顕著な重層扁平上皮でおおわれたmucosaで、parakeratosisを見ています.上皮は肥厚を見るものの、dysplasticな所見はありません.上皮下はわずかの炎症細胞浸潤で、顕著な変化はありません。上皮でコイロサイトーシス類似の変化も見られ、virus感染なども考えられる所見。

以上が組織検査の結果です。
少しでも自分の病気のことが知りたくていろいろインターネットで調べてみたのですが、あまり書いておらずどのような病気なのかわかりませんでした.
しかもインターネットで調べた白色海綿状母斑はスペルがWhite spongy nevus とかかれているので、担当の先生のいっている事を信じられないわけではないのですが、検査結果の紙に書いてあるスペルと似ても似つかないし・・・
やはりひらの先生が見てもこの結果は白色海綿状母斑なのでしょうか?また、病院からあまり患者がいないので症例がなく原因不明なのでといわれてしまったのですが、やはり治療方法はないのでしょうか?
こんな相談本当に申し訳ございませんが、ぜひアドバイスお願いいたします。

A.ご相談の件についてですが、組織検査票をもとにした患者様への説明が医師によってどのようにされたのかが分かりかねますが、白色海綿状母斑であるとすれば、今後積極的な治療は必要ないと思われます。
この検査票には細胞組織の所見が書かれてありますが、その検査資料と医師による視診や触診、問診等の総合資料から「白色海綿状母斑」という確定診断に至ったのではないかと思われます。しかし臨床診断名の部分には「口腔障害(キズ)」とかかれているようです。もう一点、気になるのは「コイロサイトーシスのような所見」があるという部分ですが、特定ウイルスに感染することで見られる所見で、悪性腫瘍(多くは婦人病)の前駆症状にみられる所見でもあります。
ちなみに当院も症例数がありませんのでご納得ゆくアドバイスになったのかは分りませんが、まずは患者様を実際に診察された主治医の先生を信じてよくお話をされてください。そしてご自身の疑問に思う部分一つ一つがクリアになっていかれればと切に願います。

Q.アドバイス頂き有難うございます。
担当医からこの病院でも症例がなく日本でも患者数が少ないと聞き、とても不安になり掲示板に思わず書かせていただきましたが、こんな質問でも親切にして頂き有難うございました。担当医を信じがんばってなおしたいと思います。
また何かありましたらぜひよろしくお願い致します。
本当に有難うございました。 nike air max damen nike air max damen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です